美容師にとっての年齢

美容師にとっての年齢

一般的に私語をとするうえで年齢を考える時には、60代が定年だ、と考えるのがサラリーマンの考え方ですよね。その間に転職したりするにしても、なんとか60歳までは現役で働くことができることを前提に人生設計を立てている人が殆どだと思います。ですが美容師はそうはいかないのが普通の様です。現場でお客さんに接しながら働くことができるのは長くても40歳までのようです。ですからそこから先のことを考えるには、それ以前から40代になったら何をするべきか、という事を考えながら若いうちから準備を進めておかなくてはいけないというのが美容師の世界の様です。40代と言えばもしも過程があるならばいまさら冒険するなんて、一家を危険にさらすような行為でもあります。ですから独立するにしても、慎重によくよく計算して独立する事が求められます。そして現実として自分の店を持って独立する美容師は多くいても、その経営を持続させ安定した収入を得る事が出来ているのは、ほんの一握りの美容師の様です。美容師と言うのはスポーツ選手と同様、若くして引退を迫られる職業であり、その後の人生が成功するかどうか、という事は現役時代の取り組みや振る舞い、その時の出会いなどが大きく左右する職業だ、と言えるかもしれませんね。お客さんの中には、希望するヘアスタイルに対するこだわり方が違う人がいます。一人は「とにかくこのスタイルになれるのならどんなにスタイリングに手間がかかっても構いません。とにかくこのスタイルにして」と言う人。そしてもう一つは「スタイルはこんな感じで良いんだけど、とにかく自分で楽にスタイリングが出来るヘアスタイルにしてほしい」と言う人です。もちろん美容師ならばそのどちらの人に対しても、希望をかなえてあげる事は出来るでしょう。ですが困ってしまうのは、その両方を求めるお客さんではないでしょうか。こだわりのヘアスタイルをなんとしても手に入れたいけれども、そのスタイルを作るのに時間がかかるのは嫌だ、というお客さんです。もちろんヘアスタイルによってはその希望を両方叶える事も可能でしょう。ですが多くの場合両方を叶えてあげる事はなかなか難しいものです。時には「何でも叶えてくれる美容師」と出会えることもあるかもしれませんが、すべての美容師がそのようなテクニックを持っている美容師とは限りません。あれもこれも、と言われるのは美容師としては少々辛いのではないでしょうか。せめてあれこれ希望するのであれば「できますか?」という確認をした方が良いかもしれませんね。お客さんが「こうして!」と言うのに対してなかなか「出来ません」とは美容師も言いづらいものです。ヘアサロン 小岩駅 美容院 縮毛矯正 予約 おすすめ 口コミ