コンディショナーを効果的に使う

コンディショナーを効果的に使う

コンディショナーを使う時、みなさんはどのように付けてどのように洗い流しているでしょうか。「普通に付けて普通に洗い流している」と答える人も多いかもしれませんが、こういったヘアケア製品は、きちんとした使いかたをする事でその効果を実感する事が出来るものです。コンディショナーはシャンプーの後に使うのが良い事は誰でも知っていると思います。まずシャンプーが終わったら軽く髪の毛の水を切ります。そして付けるのは毛先からです。コンディショナーもシャンプーと同じように頭頂部に付けて全体に伸ばして行く、と言うやり方をしていた人が多いと思うのですが、コンディショナーは頭皮には全く必要のないものです。シャンプーは頭皮の汚れを落とす、という役割も有りますから、頭皮に付けてもよいのですが、コンディショナーはその逆です。頭皮に付けたり残ってしまう事は頭皮トラブルのもとになります。そして髪の毛で一番傷んでくるのは毛先です。ですからまず毛先からしっかりとコーティングする事が大切です。そしてトリートメントとは違って内部に浸透させる必要はないので、付けてからしばらく放置しておく、と言う必要はありません。そこがトリートメントとコンディショナーのの最大の違いだと言えるでしょう。みなさんはシャンプーとそのほかのヘアケア製品と言うのは同じメーカーの同じ種類のものを使っていますか?セットで購入すると少しお得だったりする事も有るので、セットで購入している、と言う人も多いのではないでしょうか。ノンシリコンとシリコンの違いが取沙汰されるようになってくると、そのセットもシャンプーもコンディショナーもシリコンフリーである、というものが売れ筋となってきていました。ですがシャンプー、コンディショナー、それぞれの役割を考えると、シャンプーに対してノンシリコンが良い、というのは解るのですが、コンディショナーまでノンシリコンが良い、と言われると、果たしてそのコンディショナーは「髪の手触りやツヤを良くする」という本来の目的をきちんと果たす事が手きるのだろうか?と言う疑問がわいてきますね。なぜならそもそもシリコンがその効果をもたらしていたからですね。シャンプーをする時にノンシリコンの方が毛穴をふさがない、とか、後でコンディショナーをするのだから、シャンプーにシリコンを入れる必要はない、その方が環境に優しい、というのは解りますね。ですがコンディショナーにシリコンが入っていないのであれば、コーティングしたりつやを出したりする働きが足りなくなってしまうのでは?と言う疑問がありますね。セットで使う事でうまく効果が得られるように出来ているのかもしれません。床屋 鶴瀬駅 シェービング カット ヘッドスパ メンズ 安い 人気