大学生の卒業式とヘアスタイル

大学生の卒業式とヘアスタイル

卒業と言えば、卒業後に新しい自分になりたくてヘアスタイルを変えることばかりではありません。卒業すると言う事は多くの人は「卒業式」に出席します。もちろん小学生や中学生、高校生ぐらいまでは、卒業式だからといって美容室に行く事はしないかもしれませんが、大学生ともなると違いますね。多くの大学生たちは卒業前に就職活動を頑張ります。そのために自分がなりたいヘアスタイルにする事よりも、就活向けのヘアスタイルの方を優先して、カラーをしていた人も黒髪の戻したり、奇抜なヘアスタイルはやめて無難な社会人スタイルにする人が多いものです。ですがその就職活動を終え、晴れて社会人となる前の卒業式ぐらいは、晴やかに自分を表現するヘアスタイルをしよう!と思う人も多い事でしょう。多くの大学では卒業式が終わってもそのまま謝恩会や卒業パーティーといったイベントに参加する人が多いようです。女性ならば卒業式は袴スタイルで、パーティーや謝恩会はドレスで、となると、ヘアスタイルを考えるのも楽しみの一つでしょう。その時だけ巻き髪を作ったり、一時的にカラーを入れたりヘアアクセサリーを駆使したり、とその時に着る服装にあるヘアスタイルを美容師さんと共に考えるのも、卒業式イベントの一つと言えるでしょう。高校を卒業する、という時には本人にも新しい世界へ飛び込むのだ、と言う自覚がありますし、もはや親の言いなりになるような年齢ではありません。みなさんやっと自分の自由にできる、という思いでカラーやパーマに挑戦する様です。ですがもう少し幼いころにはまだまだ親の好みや親が決めたルールなどがあるようです。たとえば小学校に上がる時期、つまり保育園や幼稚園を卒園するタイミングでは、よくお母さんと一緒に来店するキッズたちが多いものです。パーマやカラーと言った事は滅多にありませんが、幼稚園の内はお母さんに髪を結ってもらったりしていた子どもたちも、小学校に通うとなると、自分で朝の身支度が出来るようなヘアスタイルに変える子も多いようです。ロングヘアや自分で扱いに困る様はヘアスタイルは小学校での新生活で、余計な負担が本人にかかる可能性もありますから、すっきりしたヘアスタイルにしておくのが無難でしょう。小学校では水泳の事業なども有り、その時にロングヘアにしておくと、スイミングキャップの中に髪の毛をすべてまとめて入れるのも低学年の内は難しいものです。さっぱりした親の好みはあるかもしれませんが、女の子でもできるだけさっぱりしたヘアスタイルにする事がおすすめでしょうね。江古田 美容院