肌の若さは今できることを積み重ねていくことが大事

肌の若さは今できることを積み重ねていくことが大事

肌の曲がり角を迎えると、その時に肌が一歩老化に向かっているということを実感します。その時から肌のケアを始めていこうと考える人も多いわけですが、肌の老化は曲がり角を迎えるずっと前から始まっていて老化の積み重ねが曲がり角として実感できる形になるだけで、曲がり角を迎えたから老化したというわけではありません。肌の老化は今現時点で進行していることなのです。肌の若さを維持していきたいと考えている人は今できる肌のケアを常に心がけていくことが大切です。仕事で疲れているとスキンケアを手抜きしてしまったりメイクしたまま眠ってしまうなんてこともあるかもしれませんが、そこで一つ肌の老化は進行してしまいます。肌ケアを丁寧に行えば老化を遅らせることができて、その毎日の積み重ねで曲がり角を迎えるタイミングも遅くなるかもしれません。肌のケアといっても特別なことが必要なわけではなく、帰ってきたらメイクを落とす、汗をかいたら洗ってきれいにする、といった基本的なことが重要になります。どこかで手抜きをしてしまうとその手抜きが習慣化して肌の老化を助けることになってしまいます。現時点での心がけが今度の肌の状態を決めていくため、いまできることを最低限でもいいかやっていくことが肌ケアの基本となるのです。これから肌の老化と向き合わないといけない人も、すでに老化を実感するようになった人も、いまからの頑張りで5年後、10年後の肌は大きく変わることを覚えておきましょう。普段の日常生活をしている中で、いつもよりも肌の調子がおかしい、以前と比べてハリがなくなり化粧乗りが悪いといった感覚を覚えることが多くなります。これは肌の曲がり角と呼ばれるときで、肌質が年齢とともに変化していき衰えを実感するタイミングとなります。肌の衰えは日々進行していますが、実感として強く捉えるタイミングは20代後半が多いようです。平均では28〜29歳くらいといわれています。20歳を境目に肌は老化を始めていきますが、その老化を実際に感じるようになるには10年近い時間がかかるわけです。老化を感じてからケアを始めるのは決して遅くありませんが、どうせなら20代前半の肌状態を維持していきたいものです。そのためには早めの肌ケアを行っていき、メイクもできるだけ肌に負担のかからないものにすることが大事です。肌が衰えてしまう理由の一つにメイクとスキンケアがあります。濃いメイクはそれだけ肌を傷つけてしまいますし、間違ったスキンケアは肌トラブルを引き起こしてしまいます。メイクは薄目を心がけていき、スキンケアを行うときには肌に合わない化粧品を避け、肌に刺激を与えすぎないように注意していくといいでしょう。肌の曲がり角は定期的に訪れます。曲がり角を実感するたびに肌の老化は進行しています。少しでも曲がり角が訪れるタイミングを先延ばしにして肌の若さを保つことができるようにしたいものです。そのためにも普段のメイクやスキンケアに注意を払ってみてください。宇都宮 美容院