女性スタッフとの会話

女性スタッフとの会話

美容室と言う所にはたいてい女性スタッフがいます。むしろ女性スタッフの方が多い美容室だってあります。「だから美容室は苦手なんだ」と女性がいる空間を嫌がる男性もいるかもしれませんが、カッコよくなりたい、という願望を持っている人は同時に「女性にモテたい」という願望も心のどこかに持っているものではないでしょうか。ですから本当な女性スタッフとも何の抵抗も無く会話ができる自分になりたい、と思っているはずなんですね。実は美容室の女性スタッフ、というのはそういう人にとっては話し相手として最適な人ではないでしょうか。相手はプロですから、会話にも慣れているはずです。ですが決して男性相手の接客業の人ではありませんから、普通の感じで話す事ができます。女性美容師さんに担当してもらう、というのは少し敷居が高かったり、意識してしまったりするかもしれませんが、レセプションの女性や、シャンプー担当のアシスタントの女性と会話をしてみる事は、とても良い事ではないでしょうか。特に普段滅多に女性と話す機会が無い男性は、美容室の女性スタッフと会話をし、「楽しかった」と思う事が出来た経験をするだけでも、とても自分に自信が付くものだと思います。女性が苦手だから、とメンズサロンに行くのも良いかもしれませんが、女性スタッフがいる美容室にあえて行ってみるのも良い経験だと思われます。ヘアカラーの起源を世界的に見ると、最初の記録として残っているのは古代エジプト時代にまでさかのぼるようです。なんとあのクレオパトラが使っていた、という事がはっきりと解っていると言われています。実際にはもっと前からヘアカラーの様なものが使われていたようですが、はっきりとした歴史として残っているのはクレオパトラの時代なのだそうです。そのころどうしてヘアカラーが行われていたのか、というと現在のように「美しさ」を求める為ではなくて、どちらかというと魔除けとか豊作祈願と言った祈祷の意味があったようです。髪の毛の色を染めると良い事がある、というのは面白い発想だな、と今となっては思いますが当時は髪を染める事が自然や髪に対する礼儀の様なものだったのでしょうか。今とは随分と違った発想のヘアカラーだったようですが、当時は女性も男性も「美しさ」を求めるほどの余裕のある時代ではなく、自分たちが食べていくためには上手く自然と共存していかなくてはならなかった時代なのかもしれませんね。何か悪い事があれば悪魔の仕業であり、自然の恵みに感謝する事で自分たちの生活が支えられている、と信じて止まなかったのかもしれません。そのためにどうして髪を染めるのか、というのはまだまだ理解できない点もありますけどもね。理容室 行徳駅 シェービング 顔そり メンズ おすすめ 口コミ