肩書よりも「合う」「合わない」

肩書よりも「合う」「合わない」

同じ美容師と言っても名刺を差し出されたら「何をする人なの?」と思ってしまう時も有るぐらい、いろいろな肩書が存在する様です。ですがその人がどう呼ばれる人であるか、という事よりも、その美容師に担当してもらうのが自分に合っているかどうか、という事の方が重要だと思われます。とても重厚な感じのする肩書が名刺に書かれていたら、その人はとてもこの業界やその美容室では偉い人なのだ、と思ってしまいます。意地悪く考えたらそれは美容室側の作戦でもあるかもしれません。トップ、とかディレクターなどという肩書がついている人に担当してもらうんだから、それなりの指名料金を頂きますよ、というシステムの美容室も実際に存在します。ですがだからと言ってその人に担当してもらうと物凄く満足できるのか、というとそうとは限らない場合も有ります。たとえ物凄く本当に技術のある人だったとしても、施術中の会話があまり好きではなくて、とても居心地の悪い思いをする事だってあります。そういう肩書の人に限って、とても上から目線で話をされてちょっとバカにされている様な気がして不愉快だった、という人もいるようです。美容室では、その人が凄い人かどうか、という事よりは、自分に合っている美容師を探す事の方が大切だと思われます。よく質問としてあがっているのは「スタイリスト」はどうやったら「トップスタイリスト」になれるのか、とか誰がその肩書を決めているのか、という問題です。ですが実はこれは各美容室で基準が定められている様で、美容業界全体としての仕組みではない、という事の様です。これはちょっと驚きですよね。つまり「Aと言う美容室のトップスタイリストと、Bと言う美容室のトップスタイリストでは習得している技術や技が違うかもしれない、という現象が起きる訳です。その美容室内で店長やオーナーが認めればトップ、という肩書を貰う事が出来る様なんですね。それならそもそもトップなんて付けなくても良いじゃないか、と思うかもしれませんが、もしかしたらそこには美容室側の思惑があるのかもしれません。みなさんは雑誌で紹介されるような美容室だと「指名料金」と取られたり、どの美容師を指名するかによって料金が違っていた、という経験をした事はありませんか?つまり美容室側は「トップスタイリストを指名するならそれなりの料金を払ってもらわないと」と言う事を提示してくる様なんですね。もちろんそこには「トップと呼ばれるほどの技術を提供するのだから、新人の美容師と同じ料金と言うわけにはいかないでしょう?」という計らいがあるのだと思います。意地悪く考えればそのための肩書とも言えるかもしれません。門前仲町 美容院