スタイリングの仕上げ

スタイリングの仕上げ

髪をキレイに乾かしながらスタイリングをする事が出来たら、そのスタイリングをキープするためにヘアスプレーなどを使うとよいでしょう。サイドやバックの髪の毛がまだ不自然な感じなら、ワックスやムースを使って自然な毛束た出来ている様な感じに見せるのが良いでしょう。この場合の仕上げもヘアスプレーが良いですね。ヘアスプレーを使わなかったためにせっかく出かける直前は自然でいい感じのスタイルになっていたのに、帰宅する頃にはすっかりスタイリングが落ちてしまったいた、と言う事にならないようにしたいものですね。仕上げはこのようなヘアケア製品を使えば簡単に仕上げる事ができます。肝心なのはそこまでのブローです。このブローをきちんと前夜のシャンプー後からやっておけば、翌朝は軽くブローをしてあとはスタイリング剤でまとめればよい訳ですから簡単ですね。コツとしてはブラシの使いかたを自分なりに工夫してみる事でしょう。そうやったら自分が納得のいく自然な感じが出せるか、と言う事を研究してみるとよいでしょう。縮毛矯正の不自然さは頭に対して髪の毛が貼りついているように見える事ですから髪の毛の根元をしっかりと立たせると、自然な感じに仕上がると思いますし、うまくブラシを使って全体的に膨らみを持たせれば成功する可能性が高いですね。縮毛矯正をかけた髪を出来るだけ自然な感じにスタイリングするには、まずはブローをする時にしっかりと毛身の毛の根元から濡らしておくことですが、その次に重要なのはドライヤーを使ってか解るときの乾かしかたでしょう。まずはしっかりと髪の毛を櫛でとかして、自然な髪の毛の流れに戻しておくことが大切ですね。不自然な方向に髪の毛が向いているまま乾かしてしまうと、そのような方向にクセが付いてしまいます。髪の毛を梳かしたら、まずは前髪から乾かすとよいですね。なぜかというと前髪は短いので乾くのも早いのですが、髪の毛のスタイリングが決まるのは髪の毛が乾く瞬間なんですね。ですから乾くのが早い、と言う事はそのぶん早くスタイリングを決めなくてはいけない、ということになるんですね。前髪を乾かす時のコツはドライヤーの温風を斜め上辺りから当てるのが良いようです。ロールブラシを使いながら乾かすと、自然と丸くなっている感じに仕上がり、前髪がノリが貼りついた様な不自然になることを避ける事ができます。好みですが、毛先を内側にカールさせることによって前髪全体にまとまりがあるように見せる事ができます。前髪は人の印象をかなり決定づけるものですから、前髪に自然さが出せればスタイリングはほぼ成功と言っても良いでしょう。能見台 美容院