素早く髪の毛を乾かすためのポイント

素早く髪の毛を乾かすためのポイント

お風呂上り、ドライヤーを使って髪の毛を乾かすときには時間をかけずに素早く乾かすことが髪の毛の傷みを防ぐことにつながります。髪の毛は水にぬれるとキューティクルが開き、髪の毛内部の水分が蒸発しやすくなります。またシャンプーで洗うと髪の毛を擦ることになるため、その刺激で傷みやすくなります。そんな傷みやすくなっている状態を改善するためにはドライヤーを使う必要がありますが、ドライヤーの時間が長くなるとその熱によって乾燥がさらに進んでしまうことになります。そのためドライヤーで乾かすためには時間をかけないようにするということが大事なポイントというわけです。ドライヤーを使うときに時間をかけずに乾かすポイントがいくつかあります。基本となるのがタオルでしっかりと水分をふき取ることです。髪の毛は濡れている状態が一番傷みやすいため、水分をふき取らないとドライヤーを使っても乾きませんしかえって傷んでしまいます。まずはタオルで鹿kりと水分をとることを意識してみましょう。自分で使っていると中々難しいのですが、ドライヤーは頭皮に対して垂直に当てると乾きやすくなります。また髪の毛の多い後頭部から乾かしていくと効率的に乾燥させることができます。どうしても時間がかかってしまうという人は、完全には乾かさずに8割程度の乾燥に止めるといいでしょう。8割乾燥していると跡は自然乾燥で大丈夫ですし、乾かしすぎによる水分蒸発を防ぐことができます。ドライヤーを使って乾燥させていると全体を完全に乾かしたくなりますが、乾かしすぎには要注意です。日本人は心配性の人が多いといわれています。海外の人はおおらかで開放的な人が多い印象がありますが、日本人にはそんな印象はあまりないかもしれません。統計的にも心配性の人が多いといわれているのですが、これは遺伝的な違いのため考え方や気持ちの問題ではないようです。実はこの心配性が老化に関わっているといわれています。心配性な人ほど老化しやすく、平均して5歳以上も老けこみがひどくなるようです。これは老化遺伝子のテロメアの長さに違いが出るようで、心配性な人ほどテロメアが短くなるそうです。日本人は若いときには幼い顔立ちから若く見えますが、年齢を重ねると海外の人以上にシワやシミが多くなり老化しやすい印象があります。心配性が遺伝的なものである以上簡単に改善することは難しいかもしれません。しかし気持ちだけでも心配性を和らげていくことはできるはずです。何を決めるにして迷っていたり、新しいことに挑戦するにも決断までに時間をかけてしまう人は多いと思いますが、迷う時間を少しでも短くしていけば心配性な性格を変えることができるかもしれません。そして心配性な性格を改善することで美容にもいい効果が表れていくようになります。日本人はクレンジング、洗顔、化粧水、美容液といった多くの基礎化粧品でスキンケアをしますが、これは海外では珍しいことです。心配性故にスキンケアも丁寧に時間をかけてしまうのかもしれませんが、肌のケアも気楽にやっていくほうが若さを保てるのかもしれません。二子玉川 美容院